2016.03.26

ウリアム・モリスとカルトナージュ♡

2016032001

ウイリアム・モリスギャラリーに着手すると同時に

多くの出会いがありました。

2年目にはフェイスブックを通じて

イギリスが大好きなモリスファンの方々と

お友達になることができました。



その中のお一人がカルトナージュの作家さん。


カルトナージュとは、厚紙で箱やトレイなどをつくり

布地や紙を貼って作品をつくります。


モリスの生地を使ったバッグを拝見して

フェイスブックでの交流をしていましたが、

今年の1月には東京でお会いすることができました。


そして3月


作品をショップで販売することになり


4月には奈良県からワークショップのために

来てくださることになりました。



一年前の今頃は、何の接点もなかったのに

モリスを通じてこんな展開になるとは嬉しい驚きです。


一昨日3月24日はモリスの182回目の誕生日。


奈良と千葉と離れていましたが

一緒にお祝いしました^^。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.09.28

プリザーブドフラワー。

2014092801

プリザーブドフラワーのリースを飾りました。



2014092802

クリスマスリースです。




2014092803    
カードを外せば一年中飾れますね。



11月にコーラルでのレッスンをしたいと

お申し出をいただきました。


カフェのオープン当初カルチャースクールを開いていました。
パッチワーク

押し花

ポーセリンアート

シルバージュエリー

トールペイント


懐かしいです。


よろしかったらご参加ください^^。


詳細はこちらをご覧ください。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.11

凝り性・・・だったんですね。

Demado_1 これは、玄関ドアの左側の壁に取り付けた棚です。

本当は、出窓にしたかったのですが、壁に穴を開けるのは大変なので、そうだ、出窓風になればいいか・・・と、優しい?施主です。

でも、横の面を斜めにしたり、上下の横のラインを飾ったりしたのは、夫のアイデアです。普通じゃイヤなのが災いして、自分で大変な方向へ持っていってるところがおかしいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.07

田舎暮らし・・・開花する才能?

Gardentable これは、ガーデンテーブルと名づけた、夫の最新作です。テーブルで、お花の植え替えができて、用土や肥料がしまえる戸棚があって、スコップやシャベルなどがぶらさげられて、鉢を置いたりする棚もあって・・・、私が絵を描いて渡したものに、流し台もつけてくれました。(水道とつなぐのは大変なので、タンクを置いて使おうと思います。排水は、扉の中にバケツとか)

水が使えれば、摘んだハーブを洗ったり、バーベキューの準備もできそうです。

これが置かれているのは、玄関ポーチ。「ターシャの家」の中で、ターシャ自身が一番のお気に入りの場所が、ポーチだと書かれていました。

庭を見ながらお茶を飲んだり、絵を描いたり、摘んできた花を整理したりするのに、とてもいい場所だと。今、本を見たら、表紙にポーチでアイスティーの準備をしているシーンが使われていました。

これから、夫の作品の歴史もご紹介していきたいと思います。

(イヤイヤ、メンドウ、シカタナイカ・・・と、やらされて?いるとは思えないほど、素晴らしいできばえです)

| | コメント (6) | トラックバック (0)