2009.10.07

魔女のキッチン?

Img_6066

化粧水リップクリームをてづくりしています。

夏の間、レモンバームの生葉を刻んで熱湯に入れて5分。

濃いハーブティーをアイスキューブにして

少しずつ使っていました。

いつしか季節は秋となり、

ローションだけではツッパリ感が・・・。

友人の要望もあり、一緒につくることになりました。

バージンシアバター(ガーナの聖なる樹木のひとつから採れる)と

ビーズワックス(蜜蝋)ホホバオイル

Ill_lavender10

ラベンダーのエッセンシャルオイルを加えて

キャンドルで暖めながら溶かします。

溶けたら火からおろし、小さな泡たて器でゆっくりゆっくり

冷めるまでかきまぜます。

すると、ふんわりクリーミーな美肌クリームのできあがり。

その他

リップクリームとローションと石鹸もつくりました。

エッセンシャルオイル以外は、口に入れても安全なもの。

キッチンにある道具で料理をするようにつくれます。

お料理のほうがいいという友達とは

ハーブを使った料理をします。

研究会や実験室というのもピンときません。

コーラル魔女のキッチンに魔女候補生が集まる日・・・。

魔女のキッチン

いかがでしょう?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.09.09

ハーブの力・・・てづくりコスメ。

田舎暮らしをはじめてからというもの、洋服や化粧品をほとんど買いません。

洋服は、以前持っていたもので充分間に合っているし、化粧品は、基礎化粧品に、ファンデと口紅をたまに買うくらいです。

ところが、最近、ローションの他にも、シャンプーやリンス・リップクリームもてづくりしています。そのうえ、まだ挑戦していませんが、クリームもファンデもルージュも自分でつくれるんです。(微妙な色は選べませんが)

シャンプーは、せっけんをハーブティーで溶かしてさましたもの。リンスもハーブティーを煮詰めてさますだけ(レシピはいろいろありますが)。両方とも、つくったあとお風呂に入るまでの時間、わくわくしていました。いつも、リンスインシャンプーを使っていたので、シャンプーのあとはちょっとギシギシした感じでしたが、リンスをするとしっとりやわらかに。

なんでこんな面倒なことをしているかというと・・・。

もともと、化学物質にアレルギー体質なので、ペンキや塩素など気をつけていましたが、シャンプーや化粧品で皮膚から化学物質が吸収されやすいと知ったからなんです。

これで、少しでも症状を抑えることができるなら、面倒でも続けてみようと思います。それに、良いこともくさんもあります。

*ローションなどは日持ちしないので、身体中にどんどん使えます。

*自然のハーブの香りで、とっても癒されます。

*身体に良い効果も期待できます。

*とっても安くつくれます。

友人のいう、野生児(野生人)・・・ますます近づいているような・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)